錦織 6/18-ゲリー・ウェバー ドロー発表!
6/22 19:00頃-杉田 準々決勝
6/26~バドミントン マレーシア2018
7/17-卓球 韓国OP2018
スポンサーリンク

速報2/23ピョンチャン五輪・女子カーリング・準決勝 日本VS韓国

ピョンチャン五輪・女子カーリング・準決勝

日本7-8韓国(終了)
※日本は2/24 3位決定戦へ(イギリス戦)

pyeongchang-olympics2018-women-curling-semifinal-japan-korea

試合日時:2月23日(金)19:30~NHK総合(サブの時間帯あり)

ピョンチャン五輪・女子カーリング日本代表・LS北見。予選ラウンドロビンを5勝4敗、4位で勝ち抜きました。準決勝は予選1位で勝ち上がった地元の韓国と対戦します。韓国への大声援が予想され、完全アウェーでの対戦となりますが、大一番を速報します。

速報:3位決定戦

アメリカ戦 デンマーク戦 韓国戦 

中国戦 ロシア戦 カナダ戦 スウェーデン戦 

イギリス戦  スイス戦 

ピョンチャン五輪・女子カーリング 結果、テレビ放送

ピョンチャン五輪・メダル獲得の期待がかかる種目や放送日時

ピョンチャン五輪・注目の女子選手

速報

Embed from Getty Images
メンバー

日本:1吉田夕梨花→2鈴木夕湖→3吉田知那美→4藤澤五月(控え:本橋麻里)

韓国:1キム・ヨンミ→2キム・ソニョン→3キム・ギョンエ→4キム・ウンジョン

観戦メモ韓国はリードからスキップまで着実につなげる場面が多かった。不調のポジションがなく、第1エンドに大量3得点を取って有利な形でゲームを進める理想的な展開を作った。予選では1敗しかしておらず、好調ぶりをこのゲームでも発揮した。

セットアップのリード、セカンドにほとんどミスがなかった。さらに、パシフィックアジアでも日本の前に立ちはだかったサード・ギョンエが次々と良いショットを決めてスキップにつないだスキップのウンジョンはプレッシャーもあり少しのミスがあったが、要所でしっかり決めて確実に得点を広げた。韓国は第5エンドにも2点を決めるなど6-3と優勢だった。

一方の日本は予選ラウンドの後半は負けが続いており、調子を落としていた。サードの吉田知那美はスイス戦後に涙を流すほどだった。

この試合でも、(リードの吉田夕は良かったが)、セカンドの鈴木が不調。そのほか、各選手が決めきれない場面が目立ち、スキップの藤澤は厳しいシチュエーションで迎える展開が多かった。

加えてリードを許す展開で、追わなくてはいけない日本は難しいショットを選択して攻めざるを得ない状況。それでも、藤澤が良いショットを決めてしのぎ、何とか韓国を追いかけるゲームだった。

すると、そんな藤澤の奮闘に牽引され、終盤になって日本のショットも決まり、つながる場面も出てきた。何より諦めない姿勢で猛追した。

一方の韓国は第8エンド終わりで7-4とほぼ勝ちが見えると、若干のほころびが出た。

日本は第9エンドに2点、第10エンドは1点をスチールして7-7とついに追いついた。本橋が「準決勝に進出したチームは負けたチームの分までがんばる」という姿勢を体現した。

しかし、第11エンドに1点を決められ、韓国に惜敗した。それでも、8割方、一方的になりそうな展開を日本があきらめず追いついたプレーぶり、健闘が光った。調子を落としていたLS北見だったが、3位決定戦につながる試合だったと感じた。

スポンサーリンク





pyeongchang-olympics2018-women-curling-semifinal-japan-korea

第1E:日本0-3韓国

メモ:日本の先攻、1投目でセンターガードを置いて攻める、韓国は1投目をハウスにドロー…リードは互いに良いショットを決めた…セカンドも韓国は狙い通りに決める…ハウス中央に石がたまる展開、フリーズショットが増える…韓国のサードがダブルテイクアウトを決める…サードが終わり韓国が1~3…藤澤の1投目は狙い通りだったが韓国の石を出し切れず…韓国・スキップのウンジョンの1投目は日本のナンバー3をテイクアウト…日本のピンチ…藤澤の2投目はダブルテイクアウトを狙ったが1つだけ出した…韓国は3点のチャンス…ウンジョンの最終投擲は日本のナンバー1をヒット&ステイ韓国が3点獲得。韓国がリードからスキップまで完璧につなげた。

第2E:日本2-3韓国

メモ:韓国が先攻、日本はコーナーガードを置いて複数得点を狙う…追いかける日本は難度が高いショットが増える…サードが終わり、韓国がナンバー1~2…ウンジョンは1投目で日本の石をテイクアウト…藤澤の1投目はナンバー1にドロー…ウンジョンの2投目はショートしてナンバー2にドロー…藤澤の最終投擲はナンバー1にドロー、日本が2点を獲得。藤澤が2投とも見事なドローショットを決めた。

第3E:日本2-4韓国

メモ:日本が先攻、センターガードを置いて攻めの姿勢…その後はガードの裏をめぐる攻防…サード・吉田知のガードが狙いを外れてショートするミス、韓国がすかさずハウスの中を攻めて有利な展開に、韓国のサード・ギョンエが好調…サードが終わって韓国が1~3…藤澤の1投目はナンバー2に…ウンジョンの1投目はハウス中央にドロー…韓国の石がたまり難しい状況、藤澤の最終投擲は韓国の石をタップ、韓国がナンバー1…ウンジョンの最終投擲は韓国のナンバー1をタップして狙いを外れた韓国が1点獲得。日本は大量失点のピンチになりかけたが、藤澤が良いショットで粘った。

第4E:日本3-4韓国

メモ:韓国が先攻、韓国は1投目をハウスにドロー…日本は1投目でコーナーガードを置いて攻める…ガードの裏をめぐる攻防…サードが終わって日本がナンバー1、2…ウンジョンンの1投目は日本のナンバー1をヒット&ステイ…藤澤の1投目はヒット&ロール、ナンバー1に…ウンジョンの2投目は日本のナンバー1をテイクアウト…藤澤の最終投擲はナンバー1にドロー、日本が1点を獲得。

第5E:日本3-6韓国

メモ:日本の先攻、1投目でセンターガード、韓国はハウスの中に1投目をドロー…日本が強いナンバー1を作り、ガードで守る展開…しかし、韓国のセカンドがガードを飛ばして日本の石をダブルテイクアウト、日本の石がなくなった…サードの吉田知は1投目でフリーズショットを決めたが、2投目はガードストーンが長くなり、その後韓国にダブルテイクアウトを許す…サードが終わって韓国がナンバー1、2…藤澤の1投目は韓国の石をダブルテイクアウト…ウンジョンの1投目は日本のナンバー1をヒット&ロール…藤澤の2投目はダブルテイクアウトが失敗、1つしか出せず…ウンジョンの最終投擲はナンバー1にドロー、韓国が2点を獲得。

第6E:日本4-6日本

メモ:韓国の先攻、韓国は2投ともハウスにドロー、守備的戦術でクリーンな展開を狙う…日本は1投目でコーナーガード…セカンドの鈴木にミスショットが出る…しかし、韓国のサードにもミスが出た…サードが終わって韓国がナンバー1、日本がナンバー2…ウンジョンの1投目は日本の石をヒット&ロールを決めた、韓国がナンバー1~3…藤澤の1投目はナンバー2にドロー…ウンジョンの2投目はショートして狙いを外れる…藤澤の最終投擲は難度が高いショット、前の石から狙い通りにハウス中央に飛ばして韓国の石を複数押し出した、日本が1点を獲得

第7E:日本4-6韓国

メモ:日本の先攻、日本はガードを置いて攻める…セカンド鈴木にミスショットが出る…サードが終わって日本がナンバー1、韓国がナンバー2…藤澤は1投目で韓国のナンバー2をテイクアウト…ウンジョンの1投目で日本の石をダブルテイクアウト…藤澤の2投目はナンバー1をヒット&ロール…ウンジョンの最終投擲は日本の石をテイクアウト、投げた石も出してブランク(先攻、後攻の交替なし)。

第8E:日本4-7韓国

メモ:日本の先攻、日本は1投目、2投目ともセンターガード…セカンドの鈴木は2投ともミスショットになってしまう、このゲーム不調…サードが終わり日本がナンバー1、韓国がナンバー2~3…藤澤の1投目はナンバー1にドロー…ウンジョンの1投目は見事なフリーズを決めてナンバー1…藤澤の2投目はナンバー1にフリーズショット…ウンジョンの最終投擲は日本のナンバー1をテイクアウト、韓国が1点獲得。

第9E:日本6-7韓国

メモ:韓国の先攻、日本はガードを置いて複数得点が必要…サードの吉田知の2投目は短くなってしまった…サードが終わって韓国がナンバー1、2…ウンジョンは1投目でナンバー3に…藤澤の1投目は前の石を中に飛ばしてナンバー1、狙いは外れた…ウンジョンの2投目は日本のナンバー1をテイクアウト、しかし投げた石がナンバー2になりミス…藤澤の2投目は韓国のナンバー2をタップ、投げた石がロールして日本がナンバー1、2…日本が2点を獲得。

第10E:日本7-7韓国

メモ:日本が先攻、スチールが必要な厳しいシチュエーション、日本はガードを置き、韓国はウィッグでずらす…サードが終わって韓国がナンバー1…藤澤の1投目はナンバー1にドロー…ウンジョンの1投目はガードを外した…藤澤の2投目はセンターガードを置いてナンバー1を守る…ウンジョンの最終投擲は日本の石をタップ、しかし投げた石がロールしてわずかにナンバー2に…日本が1点をスチール

延長E:日本7-8韓国

メモ:日本の先攻、日本はセンターにダブルガードを置いてスチールを狙う…韓国はリードの1投目でスルーするミスが出た…日本がナンバー1,2を作り、ガードで守る展開に…サードの吉田知は2投ともガードが狙いより奥に…サードが終わって日本がナンバー1、韓国がナンバー2…藤澤の1投目はセンターガード、狙いより前になった…ウンジョンの1投目は日本のナンバー1をタップ…藤澤の2投目は韓国のナンバー1をタップ、投げた石がナンバー1…ウンジョンの最終投擲はナンバー1にドロー、韓国が1点を獲得して勝利。

速報:3位決定戦

アメリカ戦 デンマーク戦 韓国戦 

中国戦 ロシア戦 カナダ戦 スウェーデン戦 

イギリス戦  スイス戦 

カーリングトップページ