9/15マラソン・日本代表
9/17~バドミントン・中国
9/15~卓球アジア選手権
スポンサーリンク
テニス 2019年 錦織圭の出場大会
ドロー: 9/30~楽天ジャパン
バドミントン 2019日程
高梨沙羅 2019-2020日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
速報:MGC 9/15女子マラソン
女子カーリング 8/9~アドヴィックスカップ
バドミントン・中国: 9/17~男子シングルス
バドミントン・中国: 9/17~女子シングルス
バドミントン・中国: 9/17~女子ダブルス
バドミントン・韓国: 9/24~男子シングルス
バドミントン・韓国: 9/24~女子シングルス
バドミントン・韓国: 9/24~女子ダブルス
卓球・女子: 9/15-アジア卓球選手権
卓球・男子: 9/15-アジア卓球選手権
卓球・女子: 10/1-スウェーデン
卓球・男子: 10/1-スウェーデン
平昌五輪: 女子カーリング 結果

速報4/27世界ミックスダブルス・カーリング2019 日本VSオーストラリア(藤澤五月・山口剛史/準々決勝)

速報4/27世界ミックスダブルス・カーリング2019 日本VSオーストラリア

決勝トーナメント・準々決勝

日本5-6オーストラリア

試合日時:4/27(金) 午前1:00-

テレビ放送:予定なし 

1E日本1-0オーストラリア

2E:日本1-2オーストラリア

3E日本3-2オーストラリア

4E:日本3-3オーストラリア

5E日本5-3オーストラリア

6E:日本5-4オーストラリア

7E:日本5-5オーストラリアS

8E:日本5-6オーストラリアS

世界ミックスダブルス・カーリング選手権2019は決勝トーナメントに入りました。ハンガリーとの1回戦を勝利した日本代表・藤澤五月・山口剛史ペア。準々決勝では、グループC首位のオーストラリア代表と対戦します。準々決勝の結果を速報で更新いたします。

→世界ミックスダブルス・カーリング2019 結果

→チーム名鑑:LS北見 富士急

→有力チーム 北海道銀行/LS北見/富士急/中部電力

速報

メンバー

日本代表:藤澤五月・山口剛史※1投目・5投目を藤澤が投げる。グループAでは6勝1敗ながら3位。優勝候補のカナダから勝利。

オーストラリア代表:グループCを5勝2敗、1位で勝ち上がっている。

寸評:日本がリードする展開で進んだが、オーストラリアも大きなミスをせず粘り強く、最終的に勝利につなげた。

ショット成功率

日本:82%、藤澤:70%(ドロー:70%)、山口:90%(ドロー:84%、テイク:100%)

オーストラリア:74%

スポンサーリンク

1E日本1-0オーストラリア

メモ:日本が先攻…センターガードの後ろ、ナンバー1をめぐり激しい攻防…日本がナンバー1を作りガードで守る展開…オーストラリアの最終投擲がガードに当たった…日本が1点をスチール。

2E:日本1-2オーストラリア

メモ:日本が先攻・・・日本がナンバー1を作り守る良い展開…しかし、藤澤が5投目のガードストーンを相手に当ててしまうミス、センターが開いた…オーストラリアの最終投擲はヒット&ステイ、2点を獲得

3E日本3-2オーストラリア

メモ:オーストラリアの先攻・・・藤澤は1投目をガードに当てるミス…しかし、山口がダブルテイクを決めてリカバリー…藤澤はラストショットでドローを決めて日本が2点を獲得。

4E:日本3-3オーストラリア

メモ:日本が先攻・・・日本が1投目でナンバー1を作ると、互いにフリーズショットが続く…中央に互いの石が密集…オーストラリアがナンバー1だが、前がふさがり複数得点が難しい状況…オーストラリアのラストストーンはあえてスルー、1点獲得。

5E日本5-3オーストラリア

メモ:オーストラリアが先攻…早い段階で日本がナンバー1,2を作り有利に進める…藤澤のラストショットは見事にナンバー2にドローを決めた、日本が2点を獲得

6E:日本5-4オーストラリア

メモ:日本が先攻…互いにハウス中央に石を集める展開…ほとんどの石が出ずに多くの石がハウスにたまる状況…オーストラリアは最終投擲で自分の石を押し込み、1点を獲得した。

7E:日本5-5オーストラリア

メモ:オーストラリアの先攻・・・オーストラリアがナンバー1を作り、守る展開…日本はガードを外しガードがなくなる…オーストラリアは5投目で良い位置にドロー…藤澤は最終投擲をスルー、オーストラリアが1点をスチール(攻めると相手に複数得点の可能性があり、リスクを取らず相手に1点を与え、最終エンドの後攻を取る戦略を取ったと思われる)

8E:日本5-6オーストラリア

メモ:オーストラリアの先攻、日本はパワープレーを選択…オーストラリアがセンターガードを置き、日本が外す展開…日本がセンターラインをしっかり開き良い展開…藤澤のラストストーンはわずかにロングしてナンバー1を作れず、オーストラリアが1点をスチール、日本が敗れる。

→世界ミックスダブルス・カーリング2019 結果

→有力チーム 北海道銀行/LS北見/富士急/中部電力