錦織 4/22 21:30-モンテカルロ 決勝
錦織 4/23-バルセロナ ドロー発表
4/21-世界ミックスダブルス・カーリング、藤澤出場
4/24-チャンピオンズ・カップ、LS北見が出場
スポンサーリンク

山口剛史 SC軽井沢 選手名鑑、プレースタイル、妻への感謝(男子カーリング)

山口剛史 SC軽井沢 選手名鑑

日本選手権で5連覇を含む、8回の優勝をしているSC軽井沢。現在はチームのセカンドで活躍しているのが山口剛史です。

力強いスイープやパワーに優れ、時に大きな声を出してチームを盛り上げるムードメーカーでもあります。このページでは男子カーリング選手の山口剛史の選手名鑑やエピソードを掲載します。

※藤澤五月と4/21~の世界ミックスダブルス2018に出場、活躍が期待される。

山口剛史(やまぐち つよし)

1984年11月21日

北海道南富良野町出身

174cm

プレースタイル

カヌーやラグビーで鍛え上げたパワーを武器にしたスイープ力に優れる。また、パワーを活かしたテイクアウトショットも得意としている。

良いショットを決めると雄叫びを挙げて、チームの雰囲気を盛り上げる明るい選手。

プロフィール

学生時代から様々なスポーツに取り組んだスポーツマン。

カーリングは小学校3年時から始めた。

小中学校時代は一学年4人という少なさだったが、同級生に目黒萌絵と寺田桜子がいた。4人中、3人が五輪に出場したことになる。

ジュニア時代は日本ジュニア選手権で優勝、世界ジュニアにも出場している。

カーリング以外のスポーツは、中学時代にカヌー高校時代はラグビーに取り組んだ。ラグビーは全国大会に出場したが、五郎丸のチームに1回戦で敗退している。

カヌーで日本代表をめざし、強豪の駿河台大学に入学したが活躍できなかった。そのため、青森大学に編入してカーリングに専念した。

2005年にSC軽井沢クラブに加入。ホームコートの軽井沢アイスパークで勤務もしており、カーリング普及、ジュニア育成にも取り組んでいる。

チームでは主にサードを務めていた(約10年)が、2015-16シーズンからセカンドに転向した。その時は「非常に悔しい思いをした」と語っている(サードは清水に変更になった)。

ピョンチャン五輪に出場して8位だった。

日本ミックスダブルスカーリング2018では、藤澤五月とペアを組んで優勝。世界ミックスダブルスカーリング2018・日本代表となった。

スポンサーリンク




エピソード

長野五輪を見て、(解説などでおなじみの)敦賀選手などにあこがれを抱いた。そのため、自分も目標とされる選手を目指している。

SC軽井沢の長岡はと美コーチによって「運動能力が高い」「目が良くてパワーがある」点などを評価されてチームにスカウトされた。

妻はSC軽井沢の長岡はと美コーチの娘である七重。青森大3年時、コーチ宅に下宿に行く時に出会った。

七重はピラティストレーナーであり、山口のコーチをすることも…夫婦二人三脚で競技に取り組んでいる。

「この人と一緒にいれば自分は大きくなれる、と思える。ずっと近くにいて欲しいなと思う」(山口)

「ひたすらピュアにカーリングをやってきた、天然記念物みたいな人。例えば五輪後に落ち込んだとしても、山ちゃんが山ちゃんでいてくれれば私はハッピー」(七重)

引用:愛の力で五輪行く 妻がコーチ、夫婦で選手、本田真凜も

というように、夫婦で共に取り組んでいる。ちなみに七重は中学時代にけがをしたが、それまでは小平奈緒らとスピードスケートで競い合っていた選手だった。

カーリング・トップ

山口剛史・公式サイト