錦織 次は7/30-シティOP2018
7/17-卓球 韓国OP2018
7/30~世界バドミントン
スポンサーリンク

速報4/16ロレックス・モンテカルロ・マスターズ2018 1回戦 錦織圭VSトマーシュ・ベルディヒ

ロレックス・モンテカルロ・マスターズ2018 1回戦

錦織圭2-1ベルディヒ

第1:錦織4-6ベルディヒ

第2:錦織6-2ベルディヒ

第3:錦織6-1ベルディヒ

試合日時:4月16日20:00頃(GAORA、NHK・BS1でLIVE)※第2試合、第1試合は18:00開始

怪我から復帰した錦織圭。今季のマスターズはBNPパリバOPを欠場、得意のマイアミOPは2回戦敗退となっています。久々の出場となるモンテカルロ、勝利が必要な錦織のプレーに注目です。1回戦の錦織VSベルディヒ(チェコ・18位)を速報します。

ロレックス・モンテカルロ・マスターズ2018 ドロー

速報

tennis

試合前メモ:サーブ、ストローク、ショットなどオールラウンドにレベルが高い選手がベルディヒだ。メンタル面はトップ選手に比べると物足りなさもある。トップ10の常連だったが、存在感が少し薄いと言われることもあるように、派手さがある選手ではない。

とはいえ実力ある選手で、今の錦織にとっては初戦に当たるのは厳しい相手と言えるかもしれない。ただ、ATPツアーでは錦織が4勝1敗と相性の良いプレイヤーでもある。

スポンサーリンク




マッチサマリー

rolex-montecarlo-masters2018-firstround-nishikori-berdych

トータルポイント

錦織80-58ベルディヒ

ラリー5本~9本

錦織23-15ベルディヒ

ラリー9本以上

錦織12-4ベルディヒ

観戦メモ錦織は険しい表情で緊張感が伝わる入場。錦織はサーブのフォームを変えている…ベルディヒはこのコートで練習することも多いホームコート、3年前には準優勝している…

第1セットは先手を取ったベルディヒが奪う…第2セットも序盤は互角の戦い、しかし第5ゲームで錦織がブレークに成功、徐々に流れをものにして第2セットを取った…第3セットは錦織の一方的な展開、躍動した展開、遊び心あるプレーなど好調時のプレーも飛び出した。

第3セットでブレークを重ねて勝利を決めた錦織、勝利後には安堵の笑顔も見れた(ここまでの笑顔は珍しい)…錦織にとっては自信になる一勝だろう。

試合を通してバックハンドのウィナーは14本と良かった錦織課題はフォアでウィナーは4本だった。サーブが入りだした後半は完全に錦織のペースで、特に第3セットは圧倒した。

ベルディヒは得意のサーブが不調、加えてミスも増えていき挽回できなかった。

第1セット:錦織4-6ベルディヒ

第1ゲーム:0-1ベルディヒがキープ

メモ:ベルディヒのサーブで開始…スムーズにキープ、錦織のショットがロングしていた…

0-15、0-30、15-30、15-40、

第2ゲーム:0-2ベルディヒがブレーク

メモ:1stサーブの入りがあまりよくない錦織、ベルディヒにリターンエースを決められるなどいきなりのピンチ…最後は錦織の狙ったバックのダウンザラインがアウト、ベルディヒの深いリターンに苦しんだ…

0-15、15-15、15-30、15-40、30-40、40-40、Aベル、

第3ゲーム:0-3ベルディヒがキープ

メモ:ベルディヒがスムーズなキープ

0-15、0-30、0-40、

第4ゲーム:1-3錦織がキープ

メモ:錦織にDフォルト…ラリーではベルディヒに勢いがあるもミスが目立った…深いカウンター気味のベルディヒのリターンに苦しむも錦織がキープ

15-0、15-15、30-15、40-15、40-30、

第5ゲーム:1-4ベルディヒがキープ

メモ:隙が無いベルディヒ

0-15、0-30、0-40、15-40、

第6ゲーム:2-4錦織がキープ

メモ:錦織が良いプレーを見せてキープ

15-0、30-0、40-0、

第7ゲーム:2-5ベルディヒがキープ

メモ:錦織が見事なパッシングショットを決めるなどチャンス…1stサーブの入りが良くないベルディヒ…しかし、最後はベルディヒがフォアの逆クロス・ウィナー

15-0、15-15、30-15、30-30、40-30、40-40、Aベル

第8ゲーム:3-5錦織がキープ

メモ:錦織がサービスポイントを立て続けに決めるなどキープ

15-0、30-0、40-0、

第9ゲーム:4-5錦織がブレーク

メモ:ベルディヒがDフォルト、1stサーブが入らない…錦織が踏み込んでリターンエースを決めてBP…最後はベルディヒがバックをミス、錦織の積極的な攻めが活きた…

15-0、15-15、30-15、40-15、40-30、

第10ゲーム:4-6ベルディヒがブレーク

メモ:錦織のドロップショットが甘くなった…ベルディヒが深いリターンを決めてBP…最後もベルディヒが逆を突くリターンを決めた…

15-0、15-15、15-30、15-40、

第2セット:錦織6-2ベルディヒ

第1ゲーム:0-1ベルディヒがキープ

メモ:ベルディヒのサーブで開始…ベルディヒがいきなりのDフォルト…ベルディヒにミスが目立ち錦織がチャンス…しかし、そこからベルディヒが良いサーブを決めて踏ん張った…

15-0、30-0、30-15、40-15、40-30、40-40、Aベル

第2ゲーム:1-1錦織がキープ

メモ:錦織がバックのダウンザラインを決める…厳しいリターンを決めるなどベルディヒがデュースに…しかし、最後はベルディヒがボレーをミス

15-0、15-15、30-15、40-15、40-30、40-40、A錦

第3ゲーム:1-2ベルディヒがキープ

メモ:ベルディヒがサービスエースを決めるなどラブゲームでキープ

0-15、0-30、0-40、

第4ゲーム:2-2錦織がキープ

メモ:最後は錦織のサービスポイント

15-0、15-15、30-15、40-15、40-30、

第5ゲーム:3-2錦織がブレーク

メモ:錦織に躍動した展開も出るようになった…ベルディヒがDフォルトで錦織がBP…最後は錦織が体勢を崩しながらもリターンでポイント

0-15、15-15、15-30、30-30、40-30、

休憩中に錦織が右手首のマッサージを受けた…痛そうな表情も…

第6ゲーム:4-2錦織がキープ

メモ:錦織がサービスエースを決めるなど、1分10秒でキープ

15-0、30-0、40-0、

第7ゲーム:5-2錦織がブレーク

メモ:ベルディヒに連続でDフォルト…錦織のチャンスが来る…最後は錦織が鋭いリターンでブレークに成功

15-0、15-15、30-15、40-15、40-30、40-40、A錦

第8ゲーム:6-2錦織がキープ

メモ:錦織にDフォルト…最後は錦織のサービスポイント

0-15、15-15、15-30、30-30、40-30、

第3セット:錦織6-1ベルディヒ

第1ゲーム:1-0錦織がブレーク

メモ:ベルディヒのサーブで開始…立ち上がり安定しないベルディヒ、最後はラリーからベルディヒがバックをミス…

15-0、30-0、30-15、40-15…

第2ゲーム:2-0錦織がキープ

メモ:錦織がサーブでポイントを3連続でとるなど好調

15-0、30-0、40-0

第3ゲーム:2-1ベルディヒがキープ

メモ:ベルディヒが押し込まれる場面があったがキープ

0-15、0-30、15-30、15-40、30-40、

第4ゲーム:3-1錦織がキープ

メモ:ベルディヒが攻撃的にくるも、錦織がラブゲームでキープ

15-0、30-0、40-0、

第5ゲーム:4-1錦織がブレーク

メモ:錦織が踏み込んだリターンを決めるなどチャンス…最後はベルディヒがサーブ&ボレーをミス

15-0、30-0、40-0、

第6ゲーム:5-1錦織がキープ

メモ:ベルディヒにイージーなミスが出るなど錦織が40-0…そこから錦織にミスが連続したがキープに成功

15-0、30-0、40-0、40-15、40-30、

第7ゲーム:6-1錦織がブレーク

メモ:錦織がトップスピン炉部からの崩し、リターンエースなどで一気に畳みかける…最後は前に出てショットを決めた。

15-0、30-0、40-0、

ロレックス・モンテカルロ・マスターズ2018 ドロー

2018 錦織圭の出場大会

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ