錦織 11/11~ファイナルズ
11/27~バドミントン 全日本
12/5~カーリング LS北見
12/13~卓球 ファイナル
スポンサーリンク
テニス 2018年 錦織圭の出場大会
速報: 11/25クイーンズ駅伝2018
速報: 10/21プリンセス駅伝2018
ドロー: 11/11~テニス・ファイナル2018
バドミントン 2018日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
LS北見: 12/5~W杯
卓球: 12/13~女子 ファイナル2018
卓球: 12/13~男子 ファイナル2018
バドミントン・香港: 11/13~女子シングルス
バドミントン・香港: 11/13~女子ダブルス
バドミントン・香港: 11/13~男子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~女子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~女子ダブルス
全日本バドミントン: 11/27~男子シングルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

速報10/21プリンセス駅伝2018(全日本実業団対抗女子駅伝・予選会)

プリンセス駅伝2018

プリンセス駅伝2018(全日本実業団対抗女子駅伝・予選会)が今年も福岡県・宗像で行われます。上位14チーム(26チーム中)クイーンズ駅伝への参加の道が開けます。このページでは、プリンセス駅伝2018の速報をお届けします。

テレビ放送:TBS

※12:10-駅伝スタート

10/21(日) 11:50- 放送開始

2018~2019年 駅伝、マラソンのスケジュール

東京五輪・マラソン日本代表選考レース 出場選手、選考大会、MGC

速報

出場チーム(26)

九電工 積水化学
京セラ   デンソー
三井住友海上 肥後銀行
しまむら ワコール
TOTO ホクレン
シメックス ノーリツ
スターツ 大塚製薬
キャノン九州 ルートインホテルズ
鹿児島銀行 ユニクロ
宮崎銀行 愛知電機
小島プレス ラフィネグループ
メモリード エディオン
埼玉医科大学 岩谷産業

メモ:三井住友、ワコール、京セラ、デンソーなど複数優勝経験がある名門チームが出場。

ユニバーサルは1区鷲見、4区ワンジェグ、5区猿見田など実力者をそろえる。

京セラは藤本彩夏(21歳・10代マラソン日本記録保持)、3区山ノ内みなみ(25歳・アジア5000m・6位)を擁する古豪。

ワコールは3区一山、6区福士

九電工は加藤岬(27歳)、陣内綾子(31歳)など経験豊富な選手が所属。

三井住友はブラジル人のハーフ、岡本春美(20歳)が所属。名門復活を狙う。過去7回の日本一を経験するチーム。24回中、24回連続で本戦に出場している。

デンソーは2区矢田、3区森林が高卒ルーキー。新体制で臨む。

最終順位※上位14チームがクイーンズ駅伝へ

チーム名 タイム
1 ワコール 2:19:16
2 京セラ 1:11
3 九電工 1:35
4 積水化学 1:50
5 デンソー 2:08
6 ユニバーサル  2:41
7  ルートインホテルズ 2:43
8  肥後銀行 3:08
9  エディオン 3:13
10 スターツ 3:42
11  ホクレン 3:49
12 鹿児島銀行 3:55
13 大塚製薬 4:00
14 シスメックス 4:50
15 キャノン九州 5:15
16 ノーリツ 5:30

優勝(ワコール):

1区:長谷川(23.13)

2区:谷口(11:40)

3区:一山(34.23)区間賞

4区:清水(12.26)

5区:坪倉(36.12)

6区:福士(21:22)区間賞「バイクを抜こうと思った…(優勝後のコメント)」

スポンサーリンク




第1区:7.0km

スタート:横並びでスタート…街道には各チームの応援団が集ま声援を送る…ユニバーサルの鷲見がすぐに先頭にたってペースをあげて集団を引っ張る…

1㎞:エディオン石澤、ユニバーサルの鷲見が先頭、ペースは落ち着き自重気味…愛知電機、メモリードが集団から遅れる…

2㎞:徐々に集団は縦長に…ホクレン、ラフィネグループ、シマムラ、TOTOなどが集団から遅れる…

4㎞:先頭は集団で進んでいる…京セラ・足立が遅れて17位

5㎞:先頭集団はふるい落としが続き、16チームほどで走っている…5,6kmで積水化学の佐藤がスパート、一気に飛び出した

6㎞:スローペースから一変して、集団が完全に縦長になり佐藤を追走…しかし、見事な走りで佐藤がにげきる…

7㎞1位積水化学(22:36)、2位キャノン(4秒差)、3位岩谷産業(9秒差)、4位デンソー、7位ユニバーサル(14秒差)、12位三井住友、15位ワコール

第2区:3.6km(最短区間)

1㎞:積水化学はルーキーの野村

2㎞:第2グループは8チームとなり、野村を追っている…8秒ほどの差…

3㎞:2位にあがったユニバーサルの伊澤が猛追、積水化学に迫る…3位は三井住友の田邊…何とか野村が首位を守ってたすきリレー…岩谷産業のルーキー飯田は、ゴール前200mほどで走れず、這ってゴールに向かい両膝をすりむきながらなんとかたすきをつないだ…

3.6km:1位積水化学(34:19)、2位ユニバーサル(2秒差)、3位三井住友(2秒差)、4位九電工、5位肥後銀行、12位ワコール、14位京セラ…

第3区:10.7km(エース区間)

1㎞:三井住友のエース岡本が飛び出し、先頭に躍り出る・・・2位は積水化学、3位はデンソー、4位はユニバーサル

2㎞:ワコールの一山が快走、12位から5位にランクアップ…

3㎞:三井住友の岡本が順調な走り…ワコールの一山がユニバーサル、デンソーをかわして9人抜く快走、3位に浮上

5㎞:1位岡本がスピード感ある走り、2位積水化学と20秒、3位ワコールと35秒ほどの差をつけ、独走態勢を作りつつある

7km:1位三井住友・岡本の快走が続く…

9㎞:三井住友・岡本が突然の悪神殿…脱水症状でふらつき、コースを何度も逆行して意識を失い止まってしまう…何とか走り続けるが、折り返し地点も越えられず戻されるなど、大きなアクシデント…積水化学、ワコールに抜かれる…残り1㎞で走れなくなり棄権

10km1位積水化学・松崎(1:09:01)、2位ワコール・一山は10人抜き(15秒差)、3位鹿児島銀行(59秒差)、4位京セラ(1分差)、5位ユニバーサル、10位デンソー、

第4区:3.8km(外国選手が出場可能区間)

1km:積水化学は高野、高卒ルーキー…2位はワコールの清水…この2チームが優勝争いか…3位集団から45秒以上の差をつける…

3㎞:積水化学がトップを守る…

3.8km1位積水化学(1:21:31)2位ワコール(11秒差)、3位鹿児島銀行(1分10秒差)、4位京セラ、5位ルートインホテルズ、6位デンソー、7位九電工、8位ユニバーサル

第5区:10.4km

1km:1位の積水化学は湯澤、大会直前でメンバーに入っており不安もある…2位ワコール、3位京セラ、4位鹿児島銀行、5位ルートインホテルズ

3㎞:1位積水化学の湯澤は自分のペースを守って走っている…3位京セラの堀口は力走して前を追う…

6㎞:ワコールの坪倉は、積水化学の湯澤を追走…差を縮めて並んだ…3位京セラの堀口は9秒差…4位は九電工、前との差もつめている…積水化学、ワコールはあまりペースを上げれていない…

7㎞:積水化学の湯澤はペースダウン、ワコールの坪倉がかわして1位に躍り出る、さらに京セラの堀口が湯澤をかわして2位に順位アップ…1位から4位までが優勝圏内か…ワコールのアンカーは福士

9㎞:力走の京セラ・堀口が、京セラ・坪倉に追いつき並走、坪倉も粘る…3位は九電工・加藤が上がり前との差を縮める…ゴール前で坪倉がギアをあげて再び1位に…

10.4km:1位ワコール(1:57:54)、2位京セラ(3秒差)、3位九電工(8秒差)、4位積水化学(36秒差)、5位デンソー、6位ルートインホテルズ、

第6区:6.695km

1km:1位ワコールの福士が2位と差を広げる、2位京セラは3位九電工にかわされるも、2人でほぼ並走…

2㎞:36歳・福士は安定した走り…14位争いはシスメックスとノーリツの2チーム…

6㎞:先頭の福士は笑顔も見せる余裕…スタート時は3秒の差しかなかったが、2位と1分の差をつける快走

ゴール:1位ワコール、2位京セラ、3位九電工

クイーンズ8

※2018年クイーンズ駅伝・予選免除チーム

※昨年度の本戦・上位8チーム

1パナソニック

2ダイハツ

3日本郵政

4第一生命

5天満屋

6ヤマダ電機

7資生堂

8豊田自動織機

2017年度・プリンセス駅伝・上位チーム

1豊田自動織機

2パナソニック

3ダイハツ

4積水化学

5デンソー

6シスメックス

2018~2019年 駅伝、マラソンのスケジュール

東京五輪・マラソン日本代表選考レース 出場選手、選考大会、MGC