錦織 2/25~ドバイ・テニス
2/26~バドミントン ドイツOP
2/12~日本カーリング LS北見
1/14~全日本卓球
スポンサーリンク
テニス 2019年 錦織圭の出場大会
ドロー: 2/11~ABNアムロ・ワールド・テニス
ドロー: 2/25-ドバイ・デューティフリー・テニス
バドミントン 2019日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
LS北見: 2/12~日本カーリング
決勝: 2/17LS北見VS中部電力
準決勝: 2/17LS北見VS北海道銀行
小林陵侑: 2/23ジャンプ世界選手権
高梨沙羅: 2/27ジャンプ女子団体
全日本卓球: 1/14~女子
全日本卓球: 1/14~男子
全日本卓球: 1/14~ダブルス
バドミントン ドイツ: 2/26~女子シングルス
バドミントン ドイツ: 2/26~女子ダブルス
バドミントン ドイツ: 2/26~男子シングルス
バドミントン 全英: 3/6~女子シングルス
バドミントン 全英: 3/6~女子ダブルス
バドミントン 全英: 3/6~男子シングルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

速報11/25クイーンズ駅伝2018(第38回全日本実業団対抗女子駅伝)

クイーンズ駅伝駅伝2018

予選となったプリンセス駅伝(速報・内容はこちらでは様々な波乱がある中、福士率いるワコールが優勝全14チームが予選を突破しました。加えてクイーンズ8(2017年の上位8位)のシード8チームと合わせ、22チームクイーンズ駅伝に出場します。

このページでは、クイーンズ駅伝2018の速報をお伝えします。

テレビ放送:TBS

※12:15-駅伝スタート

11/25(日) 11:50- 放送開始

プリンセス駅伝2018

2018~2019年 駅伝、マラソンのスケジュール

東京五輪・マラソン日本代表選考レース 出場選手、選考大会、MGC

速報

大会記録:デンソー2015(2:14:22 )

注目チーム

パナソニック:2017年は1区から首位を守り続けて完全勝利をおさめた。1区森田香織、2区渡邊菜々美、3区堀優花は区間1位を記録、前半で勝利の流れを作った。

ダイハツ:2017年は2位。木崎良子、松田瑞生ら有名ランナーを擁した。特に5区の前田彩里は区間1位で復活を印象付けた。優勝する力を持つチームだ。

日本郵政鈴木亜由子、鍋島莉奈、関根花観など陸上・長距離の日本代表クラスを多数擁する優勝候補。昨年はエースの鈴木は怪我をしながらも1区を走っている。

京セラ:佐藤敦之監督のもと力をつけ、藤本彩夏(21歳・10代マラソン日本記録保持)、3区山ノ内みなみ(25歳・アジア5000m・6位)などがプリンセス駅伝で2位に貢献。粘り強い追い上げが印象的だった。

ワコール:1区では15位、2区では12位ながらプリンセス駅伝で優勝。3区一山、6区福士は区間賞を記録。特に一山は10人抜きで2位までチームを押し上げた優勝の原動力となった。予選優勝という勢いがどう影響するのか、注目チームだ。

最終順位

パナソニック 2:15:22
天満屋 2:16:19
ダイハツ 2:16:32
ヤマダ電機 2:16:35
ワコール 2:16:52
豊田自動織機 2:16:53
日本郵政 2:16:53
デンソー 2:16:57

※上位8チームが来年のシード権

パナソニック:1区森田(1位)→2区内藤(1位)→3区渡邊(1位)→4区金丸(1位)→5区堀(1位)→6区森(1位)※堀は区間新、森田・渡辺は区間賞

スポンサーリンク




資生堂 2:19:06
10 積水化学 2:19:18
11 ユニバーサル 2:19:21
12 第一生命 2:19:22
13 京セラ 2:20:21
14 ルートインホテルズ 2:20:41
15 スターツ 2:20:58
16 エディオン 2:21:04
17 肥後銀行 2:21:37
18 シスメックス 2:21:39
19 ホクレン 2:21:53
20 大塚製薬 2:22:43 
21 鹿児島銀行 2:23:04 
九電工 棄権

注目チームの出場選手

日本郵政は1区宇宇都宮、2区樽本、3区鈴木、4区寺内、5区鍋島、6区関根

ダイハツは1区吉本、2区細田、3区松田、4区竹本、5区大森、6区竹山。前田は出場せず。

パナソニックは1区森田、2区内藤、3区渡邊、4区金丸、5区堀、6区森

ワコールは1区一山、3区福士。

ユニバーサルは1区鷲宮、6区和久。

第1区:7.0km

スタート:スタートから横一線で進行…1区後半はアップダウンがあり勝負所

1㎞:昨年区間賞のパナソニック森田が積極的に前で走っている…互いに牽制してペースは遅め…

2㎞:横一線のまま牽制が続く…

:下りからペースがあがる…ワコールの一山が先頭に出て引っ張り、集団が縦並びに…10チームがついていけずふるい落とされる…

5㎞日本郵政の宇都宮が先頭集団から脱落…豊田自動織機の萩原がスピードを上げ、先頭集団(11人)がさらに縦長に…

6㎞:1位集団の森田が先頭に出る…集団がばらけて、ついていけない選手が増える…森田と一山が1位争い、2人が完全に抜け出した森田がスパートして単独トップ、一山はついていけず

7㎞:1位森田(パナソニック・22:15)、2位一山(ワコール・0:05)、3位デンソー(0:05)、4位ユニバーサル(0:10)、5位ダイハツ(0:10)、18位日本郵政(0:54)

第2区:3.9km

1㎞:1位パナソニック、2位デンソー、3位ワコール…ダイハツ、ユニバーサル、天満屋、積水化学と7チームが、ほぼ差なく縦長の先頭集団…出遅れた日本郵政はルーキーの樽本が15位グループで走る…

2㎞パナソニック内藤、デンソー倉岡が1位争いをしながら、先頭集団から抜け出した…

3㎞:デンソー倉岡が下りを利用してスパート、しかし内藤も離されず1位に上がりたすきリレー…

1位パナソニック(34:33)、2位デンソー(0:02)、3位豊田自動織機(0:10)、4位天満屋(0:13)、5位ダイハツ(0:14)、6位ワコール(0:15)、16位日本郵政(1:22)

第3区:10.9km(エース区間)

1㎞:パナソニック渡邊、デンソーの森林が1位争い…3位集団は有力5チーム、ワコールの福士が引っ張る、ダイハツの松田らが続く…

2㎞:先頭の渡辺、森林が早いペース、3位集団の福士らから20秒差に…3位集団はワコール、天満屋、ダイハツ、豊田自動織機、積水化学

3㎞:好調のパナソニック渡邊が単独1位に浮上、デンソーの森林が遅れて2位に… 

4㎞:日本郵政の鈴木が12位浮上

6㎞:渡邊が2位以下を引き離す快走

7㎞:19歳の渡邊が独走、2位デンソー森林、3位集団はワコール、天満屋、ダイハツの3チームに…

10㎞:パナソニック渡邊が独走状態、ペースもキープしてたすきリレー…

1位パナソニック(1:09:04)、2位天満屋(0:57)、3位ワコール(0:59)、4位ダイハツ(1:11)、5位デンソー、6位豊田自動織機、7位ヤマダ電機、8位資生堂、9位日本郵政(1:37)、日本郵政の鈴木は7人抜き

第4区:3.6km(最短区間)

1km:1位パナソニックはルーキーの金丸…

2㎞:1位金丸は首位キープ、2位天満屋、3位豊田自動織機…豊田はエカラレが快走してランクアップ…

3㎞:エカラレが2位に浮上…1位パナソニックと2位豊田自動織機の差が縮まりたすきリレー…

1位パナソニック(1:21:09)、2位豊田自動織機(0:10)、3位天満屋(0:21)、4位デンソー(0:40)、5位ワコール(0:46)、6位ダイハツ(0:48)、7位ヤマダ電機、8位資生堂、9位日本郵政(1:33)

第5区:10.0km(第2エース区間)

1km:1位パナソニック堀が2位と差を広げる…2位争いは豊田自動織機と天満屋…

2km:4位グループはデンソー、ダイハツ、ワコール

3km:1位堀は安定した走り…パナソニックが独走態勢…2位は天満屋・松下

5km:1位パナソニック、2位天満屋、3位ダイハツ、4位豊田自動織機、5位デンソー、6位ワコール

8km:1位パナソニックは2位天満屋と45秒差…

9km:1位堀は危なげない走りで独走を維持してたすきリレー

1位パナソニック(1:53:19)、2位天満屋(1:06)、3位ダイハツ(1:13)、4位日本郵政(1:33)、5位ヤマダ電機、6位デンソー、7位ワコール、8位豊田自動織機

第6区:6.795km(アンカー)

1km:1位パナソニックは森…2位天満屋は小原…

3km:1位森は危なげない走りで首位をキープ…2位天満屋、3位はダイハツ竹山、4位は日本郵政の関根…

5km:2連覇がかかるパナソニック、優勝に向けて森が力走…

6km:スタジアムに入った森、1位でゴール。パナソニックは1区から1位をキープ、完全勝利。

ゴール1位パナソニック(2:15:22)

出場チーム(22)

クイーンズ8(8)※タイムは2017年クイーンズ駅伝

チーム名 タイム
1 パナソニック 2:17:07
2 ダイハツ 2:17:52
3 日本郵政 2:17:54
4 第一生命 2:17:57
5 天満屋 2:18:54
6 ヤマダ電機 2:19:13
7 資生堂 2:19:44
8 トヨタ自動織機 2:20:00

予選勝ち上がり(14)※タイムは予選会2018

チーム名 タイム
1 ワコール 2:19:16
2 京セラ 1:11
3 九電工 1:35
4 積水化学 1:50
5 デンソー 2:08
6 ユニバーサル 2:41
7 ルートインホテルズ 2:43
8 肥後銀行 3:08
9 エディオン 3:13
10 スターツ 3:42
11 ホクレン 3:49
12 鹿児島銀行 3:55
13 大塚製薬 4:00
14 シスメックス 4:50
15 キャノン九州 5:15
16 ノーリツ 5:30

プリンセス駅伝2018

2018~2019年 駅伝、マラソンのスケジュール

東京五輪・マラソン日本代表選考レース 出場選手、選考大会、MGC

コメント

  1. 岡本善吉 より:

    バド・中国マスターズが行われ、優勝は桃田健斗さんでした。連戦で双頭の疲れがある中日本の第一人者は、さすがです。他の選手も続いてもらいたい。西本・坂井・常山・
    頑張って桃田選手のサポートを頼みます。休む間もなく続いて香港オープン11月13日~18日桃田選手、第一シードで参加します。優勝間違いないでしょう。楽しみです。