錦織 11/11~ファイナルズ
11/27~バドミントン 全日本
12/5~カーリング LS北見
12/13~卓球 ファイナル
スポンサーリンク
テニス 2018年 錦織圭の出場大会
速報: 11/25クイーンズ駅伝2018
速報: 10/21プリンセス駅伝2018
ドロー: 11/11~テニス・ファイナル2018
バドミントン 2018日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
LS北見: 12/5~W杯
卓球: 12/13~女子 ファイナル2018
卓球: 12/13~男子 ファイナル2018
バドミントン・香港: 11/13~女子シングルス
バドミントン・香港: 11/13~女子ダブルス
バドミントン・香港: 11/13~男子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~女子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~女子ダブルス
全日本バドミントン: 11/27~男子シングルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

速報11/25クイーンズ駅伝2018(第38回全日本実業団対抗女子駅伝)

クイーンズ駅伝駅伝2018

予選となったプリンセス駅伝(速報・内容はこちらでは様々な波乱がある中、福士率いるワコールが優勝全14チームが予選を突破しました。加えてクイーンズ8(2017年の上位8位)のシード8チームと合わせ、22チームクイーンズ駅伝に出場します。

このページでは、クイーンズ駅伝2018の速報をお伝えします。

テレビ放送:TBS

※12:15-駅伝スタート

11/25(日) 11:50- 放送開始

プリンセス駅伝2018

2018~2019年 駅伝、マラソンのスケジュール

東京五輪・マラソン日本代表選考レース 出場選手、選考大会、MGC

速報

大会記録:デンソー2015(2:14:22 )

出場チーム(22)速報,クイーンズ駅伝,2018,テレビ放送,放送日時,第38回全日本実業団対抗女子駅伝,出場チーム,注目選手

クイーンズ8(8)※タイムは2017年クイーンズ駅伝

チーム名 タイム
1 パナソニック 2:17:07
2 ダイハツ 2:17:52
3 日本郵政 2:17:54
4 第一生命 2:17:57
5 天満屋 2:18:54
6 ヤマダ電機  2:19:13
7  資生堂 2:19:44
8  トヨタ自動織機 2:20:00

予選勝ち上がり(14)※タイムは予選会2018

チーム名 タイム
1 ワコール 2:19:16
2 京セラ 1:11
3 九電工 1:35
4 積水化学 1:50
5 デンソー 2:08
6 ユニバーサル  2:41
7  ルートインホテルズ 2:43
8  肥後銀行 3:08
9  エディオン 3:13
10 スターツ 3:42
11  ホクレン 3:49
12 鹿児島銀行 3:55
13 大塚製薬 4:00
14 シスメックス 4:50
15 キャノン九州 5:15
16 ノーリツ 5:30

注目チーム

パナソニック:2017年は1区から首位を守り続けて完全勝利をおさめた。1区森田香織、2区渡邊菜々美、3区堀優花は区間1位を記録、前半で勝利の流れを作った。

ダイハツ:2017年は2位。木崎良子、松田瑞生ら有名ランナーを擁した。特に5区の前田彩里は区間1位で復活を印象付けた。優勝する力を持つチームだ。

日本郵政鈴木亜由子、鍋島莉奈、関根花観など陸上・長距離の日本代表クラスを多数擁する優勝候補。昨年はエースの鈴木は怪我をしながらも1区を走っている。

京セラ:佐藤敦之監督のもと力をつけ、藤本彩夏(21歳・10代マラソン日本記録保持)、3区山ノ内みなみ(25歳・アジア5000m・6位)などがプリンセス駅伝で2位に貢献。粘り強い追い上げが印象的だった。

ワコール:1区では15位、2区では12位ながらプリンセス駅伝で優勝。3区一山、6区福士は区間賞を記録。特に一山は10人抜きで2位までチームを押し上げた優勝の原動力となった。予選優勝という勢いがどう影響するのか、注目チームだ。

スポンサーリンク




最終順位

お待ちください。

第1区:7.0km

スタート

第2区:3.9km

1㎞:

第3区:10.9km(エース区間)

1㎞:

第4区:3.6km(最短区間)

1km:

第5区:10.0km

1km:

第6区:6.795km(アンカー)

1km:

プリンセス駅伝2018

2018~2019年 駅伝、マラソンのスケジュール

東京五輪・マラソン日本代表選考レース 出場選手、選考大会、MGC

コメント

  1. 岡本善吉 より:

    バド・中国マスターズが行われ、優勝は桃田健斗さんでした。連戦で双頭の疲れがある中日本の第一人者は、さすがです。他の選手も続いてもらいたい。西本・坂井・常山・
    頑張って桃田選手のサポートを頼みます。休む間もなく続いて香港オープン11月13日~18日桃田選手、第一シードで参加します。優勝間違いないでしょう。楽しみです。