卓球
バドミントン
カーリング・冬季種目
卓球
バドミントン
カーリング・冬季競技

速報8/29,8/30 アジア大会2018 陸上・男子4×400mリレー 日本代表にウォルシュ・ジュリアンら!

Athletics陸上

陸上・男子4×400mリレー アジア大会2018

アジア大会2018、陸上の最終種目を飾るのがマイルリレーで人気の男子4×400mリレーになります。日本代表はウォルシュ・ジュリアン、木村淳らの出場が予想されますが、速報で更新する予定です。

テレビ放送:TBS、NHK・BS1(共にLive)

8/29 22:15-予選
8/30 22:40-決勝

※NHK・BS1は柔道の可能性あり

陸上・アジア大会2018 日本代表・注目種目の結果、日程、出場選手

スポンサーリンク

速報

日本代表

名前ベストタイム
ウォルシュ・ジュリアン/東洋大学45.35
木村 淳/大阪ガス46.00
川元 奨/スズキ浜松
(800m)
安部孝駿/デサント
48.68
(400mハードル)

※このほか、200mの飯塚、小池が出場する可能性もあり

8/30 決勝

最終順位

国名タイム
1カタール3:00.56
2インド3:01.85
3日本 3:01.94

メモ:メダル争いをするライバルはカタール、バーレーン。共に3分をきる力を持つ強豪。日本はメンバーに200m金の小池、さらに飯塚400mハードル銅メダルの安部を起用。

日本のオーダーはウォルシュ-小池-安部-飯塚

1ウォルシュ:良いスタートをきったジュリアン、大きなストライドで3位争い…しかし、ゴール前は混戦となりパトンパス…カタールが飛び出す…

2小池:小池は最初の100mでスピードを活かして2位に躍り出る…最終コーナーを過ぎた残り100m、ほかの国が迫るもゴール前でも粘りの走り…小池は2位を保ってバトンパス

3安部:2位争いは4チームが争う混戦…3位に落ちた安部だが、前のインドの選手と競りながら1位のカタールを追う…安部は3位でバトンパス

4飯塚:1位カタール、2位インド、3位日本で最終走者へ…飯塚が2位のインドにせまる…しかし、最終コーナーを終えても、飯塚はわずかにとらえられず3位でゴール…2位とは僅差…日本が銅メダル、カタールはアジア新記録で金メダル。

スポンサーリンク





決勝スタートリスト

1パキスタン
2中国
3バーレーン
4日本
5インド
6カタール
7イラク
8スリランカ

8/29 予選・1組

国名タイム
1日本3:06.11
2 インド3:06.48
3 イラク3:06.92

※予選2組は1位カタール(3:06.08)、バーレーン(3:06.29)。

メモ:日本は第1組、第5レーン。

1(木村):2位でバトンを渡す

2(川元):途中で3位に落ちるも、上位5国が混戦でトップ争い、バトンパスへ…

3(安部):バトンを受けるとすぐにトップに躍り出る素晴らしい走り、そのまま1位をキープして日本に勢いをもたらす…

4(ウォルシュ)1位でバドンを受けたエースのジュリアン、日本とインドのトップ争い…2位のインドは個人銀メダルのアヤサミが追うも、ジュリアンが安定した走りでリードを保つ…余裕をもって日本が1位でゴール。

予選スタートリスト

2イラク
3パキスタン
4インド
5日本
6中国

陸上・アジア大会2018 日本代表・注目種目の結果、日程、出場選手(100m走、マラソン、リレー、5000m、10000m)

コメント

タイトルとURLをコピーしました