錦織 3/20~マイアミ・テニス
4/2~バドミントン マレーシア
3/16~世界女子カーリング
3/26~卓球カタール
スポンサーリンク
テニス 2019年 錦織圭の出場大会
ドロー: 3/7~BNPパリバOP2019
ドロー: 3/20~マイアミOP2019
バドミントン 2019日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
カーリング: 3/17決勝 藤澤VS鈴木
カーリング: 3/12~日本ミックス
カーリング女子: 3/16~世界選手権
カーリング:
バドミントン: 3/10決勝:桃田VSアクセル
バドミントン: 3/10決勝:松本・永原
卓球女子: 3/26~カタール
卓球男子: 3/26~カタール
バドミントン マレーシア: 4/2~男子シングルス
バドミントン マレーシア: 4/2~女子シングルス
バドミントン マレーシア: 4/2~女子ダブルス
バドミントン 全英: 3/6~女子シングルス
バドミントン 全英: 3/6~女子ダブルス
バドミントン 全英: 3/6~男子シングルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

10/22~エルステ・バンク・オープン2018 ドロー、組み合わせ表、試合結果、テレビ放送 錦織が参加予定

エルステ・バンク・オープン2018

全米OPでベスト4に入った錦織圭。10月はジャパンOP上海マスターズに続き、エルステ・バンク2018に参戦します。このページでは、大会のドロー、試合結果、テレビ放送などについて更新していききます。→速報・決勝戦

best8

erste-bank-open2018-draw-

※錦織は「1番」の表

テレビ放送

ガオラでLive、BS朝日は当日・録画放送の可能性

1回戦:10/23 20:00-:錦織VSティアフォー

2回戦:10/25 20:00-:錦織VSカチャノフ

準々決勝:10/26  23:00-前後:錦織VSティエム

準決勝:10/27 21:00-:錦織VSククシュキン

決勝:10/28 22:00-:錦織VSアンダーソン※ガオラ,BS朝日でLive

試合結果

1回戦:10/23

錦織 77 5 6 2
ティアフォー  65 7 2 1

2回戦:10/25

錦織 6 6 0 2
カチャノフ 2 2 0 0

準々決勝:10/26

錦織 6 6 0 2
ティエム 3 1 0 0

準決勝:10/27

アンダーソン 6 3 6 2
ベルダスコ 3 6 4 1
錦織 6 6 0 2
ククシュ 4 3 0 0

※錦織はククシュキンに対して7勝0敗。

決勝:10/28→速報

錦織 3 63 0 0
アンダーソン 6 77 0 2

※錦織はアンダーソンに対して4勝2敗。

スポンサーリンク




エルステ・バンク・オープン2018 ドロー

全組み合わせ

erste-bank-open2018-draw- erste-bank-open2018-draw-erste-bank-open2018-draw- erste-bank-open2018-draw-

赤い数字はシードランキング

※数字は世界ランキング

※Q)は予選通過選手

ドロー特徴

錦織は第5シード:トップハーフに入った錦織は、初戦でアメリカの新鋭、20歳のティアフォーと初対戦だ。この大会、ファイナル出場を目指す錦織にとってのライバルが出場している。第1シードのティエム、第2シードのアンダーソンである。順当に行けば準々決勝でティエム決勝でアンダーソンと対戦する組み合わせだ。

ファイナルのポイントランキングは以下だが、3位のデルポトロは欠場するため9位に入れば出場権を獲得できる。

7位:アンダーソン:3720

8位:ティエム:3535

9位:錦織:3000

10位:イズナー:2930

ファイナル出場へ、ポイント獲得なるか!?:ATPツアーもいよいよ終盤戦に入っている。全米オープン後の錦織は、ツアーファイナル出場のため積極的に大会に参戦している。この大会も最初は予定に入っていなかった。今季活躍した上位8人のみが出場できるツアー・ファイナルに向けて1つでも多く勝利を重ねたい。

エルステ・バンク・オープン2018概要

場所:オーストリア(ウィーン)

時差:-7時間

コート:室内ハードコート

カテゴリー:ATP500

日程:10/22~10/28

ドロー:32 

2017優勝者:ルカ・プイユ(フランス)

出場予定選手

名前 WR 国籍
錦織圭 12 日本
D・ティエム 7 オーストリア
ディミトロフ 8 ブルガリア
K・アンダーソン 9 南アフリカ
J・イズナー 10 アメリカ
D・ゴファン 11 ベルギー
F・フォニーニ 13 イタリア
シュワルツマン 14 アルゼンチン
K・エドモンド 16 英国
B・コリッチ 18 クロアチア
L・プイユ 19 フランス
チャン・ヘヨン 23 韓国
K・カチャノフ 24 ロシア
N・キリオス 27 オーストリア


※WRは2018年9月24日発表の世界ランキング

2017年 錦織の成績:不出場

2017年 上位進出者

優勝:L・プイユ(フランス)

準優勝:J F ツォンガ(フランス)

ベスト4:コールシュライバー(ドイツ)

ベスト4:K・エドモンド(英国)

2018 錦織圭の出場大会
☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ