錦織 9/17-モーゼルOP2018 ドロー決定
9/18~バドミントン 中国OP
9/27~カーリング クラシック LS北見
9/28~卓球女子 W杯2018
スポンサーリンク
テニス 2018年 錦織圭の出場大会
ドロー: 9/17~モーゼルOP2018
ドロー: 10/1~楽天ジャパンOP2018
バドミントン 2018スケジュール
マラソン・駅伝 2018-2019スケジュール
LS北見: 9/28~カーリング クラシック2018
卓球: 9/28~女子W杯 石川、平野
バドミントン・中国OP: 9/18~女子シングルス
バドミントン・中国OP: 9/18~女子ダブルス
バドミントン・中国OP: 9/18~男子シングルス
バドミントン・韓国OP: 9/25~女子シングルス
バドミントン・韓国OP: 9/25~女子ダブルス
バドミントン・韓国OP: 9/25~男子シングルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

速報8/25,8/26 アジア大会2018 陸上・男子100m 桐生、山縣、ケンブリッジ、多田

陸上・男子100m アジア大会2018

中国代表との金メダル争いが予想される男子100m。日本代表は山縣、ケンブリッジという有力選手をそろえています。注目の陸上・男子100mを速報します。

※100mの代表は山縣、飛鳥になります。

テレビ放送:TBS、NHK・BS1(共にLive)

8/25 21:00- 予選
8/26 20:45- 準決勝
8/26 23:25- 決勝

陸上・アジア大会2018 日本代表・注目種目の結果、日程、出場選手

速報

日本代表

名前 ベストタイム
山縣 亮太/セイコー 10.00
ケンブリッジ 飛鳥/NIKE 10.08

8/26 決勝

最終順位

名前 タイム
1  蘇/中国 9.92
2  オグノデ/カタール 10.00
3  山縣/日本 10.00
4 ムハンマド/KSA 10.10
5 楊/台湾 10.17
6 タフティアン/イラン 10.19
7 ゾーリ/INA 10.20
8 キム・クキョン/韓国 10.26
名前 タイム
山縣 亮太 10.00

メモ:山縣は4レーン、楊(台湾)は5レーン、蘇(中国)は6レーン、ゾーリ(インドネシア)は7レーン、オグノデ(バーレーン)は8レーン

メモ:予選、準決勝と良い形できて決勝にのぞむ山縣…山縣はまずまずのスタート…序盤から加速していきトップ争い…しかし、ぐんぐん加速した蘇が中盤から終盤に飛び出すと誰もついていけず…終盤にオグノデも猛追、ゴール前で山縣と争った…1位蘇、2位オグノデ、3位山縣…オグノデと山縣は同タイムだった

8/26 準決勝:各組2位+タイム2名
準決勝・上位選手

名前 タイム
1 山縣/日本 10.10
2 蘇/中国 10.16
3 揚/台湾 10.17
4 タフティアン/IRI 10.17
5 オグノデ/QAT 10.20
6 ムハンマド/KSA 10.21
7 ゾーリ/INA 10.24
8 キム・クキョン/韓国 10.33
11 ケンブリッジ飛鳥/日本 10.36
名前 タイム
山縣 亮太/3組・1位 10.10
ケンブリッジ 飛鳥/2組・3位 10.36

メモ:飛鳥は2組・3レーン、蘇(中国)、オグノデ(バーレーン)と同組。

山縣は3組・4レーン、揚(台湾)と同組。

1組:1位ムハンマド(サウジアラビア)、2位ゾーリ(インドネシア)

飛鳥(2組):強豪2人と同組の難しいレース…スタートで出遅れた飛鳥…中盤でも加速しきれず蘇、オグノデに序盤から離されて余裕のない走りになってしまった…飛鳥は3位、10.36でゴール。タイムでも拾われず準決勝敗退

山縣(3組):出だしから良いスタート…序盤から抜け出して一気に加速、そのままほかの選手をよせつけずトップでゴール、安定したエースの走りを見せた…山縣は1位、10.10でゴール。決勝進出。

8/25 予選:各組・上位4人が準決勝に進出

予選・上位選手

名前 タイム
1 揚/台湾 10.13
2 ムハンマド/KSA 10.15
3 オグノデ/QAT 10.16
4 山縣/日本 10.19
6 ケンブリッジ飛鳥/日本 10.23
7 蘇/中国 10.27
8 ゾーリ/インドネシア 10.27
名前 タイム
山縣 亮太/1組・2位 10.19
ケンブリッジ 飛鳥/2組・2位 10.23

メモ:山縣は第1組・3レーン、ケンブリッチは第2組・8レーンでスタート。

山縣:良いスタートをきった山縣。2レーンのオグノデ(カタール)と並走するような形でトップ争い。山縣は若干、終盤は力を抜いて2位のままゴール。準決勝進出。

飛鳥:3レーンのヨウ(台湾)が強豪。良いスタートで飛び出したヨウ。ケンブリッジは若干出遅れる。加速したヨウが抜け出すが、後ろからケンブリッジが追走した。しかし、ヨウが余裕をもって1位でゴール。ケンブリッジは2位で準決勝に進出。出遅れた焦りから、前傾姿勢が強くなったか…。

陸上・アジア大会2018 日本代表・注目種目の結果、日程、出場選手(100m走、マラソン、リレー、5000m、10000m)