錦織 6/18-ゲリー・ウェバー ドロー発表!
6/20 21:00頃-錦織 2回戦
6/26~バドミントン マレーシア2018
7/17-卓球 韓国OP2018
スポンサーリンク

全豪OP2018開幕 錦織不在も、日本選手が躍動! 杉田が第8シード、西岡が第27シードを破る金星、波乱を起こす!

本日1月15日に全豪オープン2018が開幕、男子シングルスには杉田祐一(41位)、西岡良仁(168位)が登場しました。

※その他の日本選手では、本戦にはダニエル太郎(96位)もエントリーしています。

今シーズンに復帰を目指している錦織圭(24位)は残念ながら不出場となりました。

全豪オープン2018 ドロー

全豪オープン2018 日本選手 1回戦

そして、杉田も西岡もドローにより、いきなりシード選手と当たる厳しい組み合わせとなりました。
しかし、逆境を見事にはねのけました。

昨シーズンから強靭かつ不屈のメンタルを見せ、粘り強さを強みとしている杉田祐一。

Embed from Getty Images
Embed from Getty Images
1回戦の対戦相手は、アメリカのトップ選手、J・ソック(9位)となりました。
2017年はマスターズを制すなど、アメリカ屈指の選手に成長した選手です。

また、ウィンブルドン・男子ダブルスで優勝、リオ五輪・混合ダブルスで金メダルを獲得するなど、大きな実績を持つ強力な選手です。

australian-open2018-draw

・・・と3-1で杉田が勝利。最後は見事なストロークからのウィナーで締めました。

今や日本のナンバー2、錦織不在の時はデビス杯でエース格として奮闘するなど存在感を増している杉田。人生初のトップ10プレイヤーからの勝利となりました(対トップ10は1勝5敗)。

今季もまた、さらなる飛躍を期待できる船出となりました。

スポンサーリンク






Embed from Getty Images
一方、昨季はマスターズでワウリンカを瀬戸際まで追い詰めるなど、170㎝という小柄な身長ながら才能を見せた西岡良仁。その大会で大きな怪我をして長期離脱から復帰した今シーズン。

australian-open2018

1回戦はドイツの強豪、27シードのコールシュライバーが相手でしたが、フルセットで勝利。

西岡にとって復活を期すシーズンですが、楽しみなスタートとなっています。

2回戦の対戦相手ですが、杉田祐一はビックサーバーの代表格イボ・カルロビッチ(クロアチア・89位)が相手になります。

一方の西岡良仁はA・セッピ(イタリア・76位)と対戦です。

2人ともランキングを落としていますが、実力は高い選手となります。

全豪オープン2018 ドロー

錦織圭 2018スケジュール
☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ