錦織 次は7/30-シティOP2018
7/17-卓球 韓国OP2018
7/30~世界バドミントン
スポンサーリンク

7/30~シティ・オープン2018 ドロー、組み合わせ表、試合結果、テレビ放送、出場選手 錦織の北米シーズンがスタート!

シティ・オープン2018

ゲリー・ウェバー、ウィンブルドンと短い芝のシーズンを終えた錦織圭。7月末からは北米でのハードコートでの大会が続きます。このページでは、シティ・オープン2018の試合結果、組み合わせ、テレビ放送などについて更新していきます。

※錦織は「」の表

テレビ放送

GAORA、BS朝日

※錦織の試合は、試合日時が決まり次第掲載。

※メインの時間帯は5:00~14:00頃

※BS朝日は録画or Live

試合結果

1回戦:

錦織 0 0 0
  0 0 0

シティ・オープン2018 ドロー

錦織の3回戦までをピックアップ

全組み合わせ

トップハーフ

ボトムハーフ

発表までお待ちください。

赤い数字はシードランキング

※数字は世界ランキング

※Q)は予選通過選手

ドロー特徴

ハードコート再開:錦織はかつてはハードコートが得意なサーフェスと語っている(今はクレーも得意)。IMGアカデミーで育った錦織にとっては、ハードコートは慣れ親しんでいるサーフェスだ。

シティ・オープン2018概要

場所:アメリカ(ワシントン)

時差:-13時間

コート:屋外ハード

カテゴリー:ATP500

日程:7/30~8/5

ドロー:48

2017優勝者:A・ズべレフ(ドイツ)、準優勝はアンダーソン(南アフリカ)。錦織はベスト4。

シティOP2017 ドロー

出場予定選手(上位選手)

名前 WR 国籍
錦織圭 27 日本
A・ズべレフ 3 ドイツ
K・アンダーソン 8 南アフリカ
D・ゴファン 9 ベルギー
J・イズナー 10 アメリカ
シュワルツマン 11 アルゼンチン
K・エドモンド 18 英国
N・キリオス 19 オーストラリア
L・プイユ
20 フランス
チャン・ヘヨン 22 韓国
T・ベルディヒ 23 チェコ
杉田祐一 45 日本
A・マレー 156 スコットランド


※WRは2018年6月25日発表の世界ランキング

2017年 錦織の成績→2017ドロー

メモ錦織(当時9位)は第2シードで出場、準決勝で敗退。

1回戦:免除

2回戦VSヤング(アメリカ 58):6-3/4-6/7-6

3回戦:VSデルポトロ(アルゼンチン 32):6-4/7-5

準々決勝:VST・ポール(アメリカ 225):3-6/7-6/6-4

準決勝:VSズべレフ(ドイツ 8):3-6/4-6

2018 錦織圭の出場大会
☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ