錦織 3/20~マイアミ・テニス
4/2~バドミントン マレーシア
3/16~世界女子カーリング
3/26~卓球カタール
スポンサーリンク
テニス 2019年 錦織圭の出場大会
ドロー: 3/7~BNPパリバOP2019
ドロー: 3/20~マイアミOP2019
バドミントン 2019日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
カーリング: 3/17決勝 藤澤VS鈴木
カーリング: 3/12~日本ミックス
カーリング女子: 3/16~世界選手権
カーリング:
バドミントン: 3/10決勝:桃田VSアクセル
バドミントン: 3/10決勝:松本・永原
卓球女子: 3/26~カタール
卓球男子: 3/26~カタール
バドミントン マレーシア: 4/2~男子シングルス
バドミントン マレーシア: 4/2~女子シングルス
バドミントン マレーシア: 4/2~女子ダブルス
バドミントン 全英: 3/6~女子シングルス
バドミントン 全英: 3/6~女子ダブルス
バドミントン 全英: 3/6~男子シングルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

10/29~パリ・マスターズ2018 ドロー、組み合わせ表、試合結果、テレビ放送 錦織がマスターズ最終戦へ!

パリ・マスターズ2018

全米OPでベスト4に入るなど、終盤に来て調子をあげている錦織圭。ツアー・ファイナル出場に向けて、勝利を1つでも積み重ねたい状況です。今季最後のマスターズになるパリ・マスターズ2018、大会のドロー、試合結果、テレビ放送について随時掲載していきます。

best8

rolex-paris-masters2018-draw-

※錦織は「5番」の表

→速報:準々決勝 

テレビ放送

ガオラ、NHK・BS1で放送

※錦織の試合日時が決まり次第掲載

10/31:19:00-2回戦:錦織VSA・マナリノ

11/2:午前4:30以降-3回戦:錦織VSアンダーソン

11/3:午前4:30以降-準々決勝:錦織VSフェデラー

11/3:22:00-準決勝:ティエムVSカチャノフ

11/4:0:30-準決勝:ジョコビッチVSフェデラー

11/4:23:00-準決勝:ジョコビッチVSカチャノフ

試合結果

予選・準決勝:10/28 0:30頃(目安)

太郎 3 3 0
ペール 6 6 2

※対戦相手はフランスのペール(58位)

2回戦:10/31

錦織 7 6 0 2
マナリノ 5 4 0 0

※錦織はマナリノとツアー初対戦

3回戦:11/2

錦織 6 6 0 2
アンダーソン 4 4 0 0

※錦織はアンダーソンに4勝3敗

準々決勝:11/3→速報

錦織 4 4 0 0
フェデ 6 6 0 2

※錦織はフェデラーに2勝6敗

準決勝:11/3

ティエム 4 1 0 0
カチャノフ 6 6 0 2
ジョコ 78 5 77 2
フェデ 66 7 63 1

決勝:11/4

ジョコ 5 4 0 0
カチャノフ 7 6 0 2

スポンサーリンク




パリ・マスターズ2018 ドロー

全組み合わせ

rolex-paris-masters2018-draw- rolex-paris-masters2018-draw-  rolex-paris-masters2018-draw rolex-paris-masters2018-draw

rolex-paris-masters2018-draw- rolex-paris-masters2018-draw- rolex-paris-masters2018-draw-rolex-paris-masters2018-draw-

赤い数字はシードランキング

※数字は世界ランキング

※Q)は予選通過選手

ドロー特徴

マスターズ最終戦:ATPツアー・マスターズもついに最終戦となった。後半から終盤にかけて結果が出ている錦織圭。ツアー・ファイナル出場枠は「8」だが、出場まであと少しまできている。パリ・マスターズで好成績を出せば、アンダーソン、ティエムらの成績により出場の可能性が高まる。

錦織は第10シード:2回戦から登場する錦織、初戦は地元フランスの選手である。フランスと言えば地元への声援が大きい国である。錦織はフランスでは、声援の後押しを受けたガスケ、ツォンガなどに敗れている苦い経験もある・・・初戦は気を引き締めてのぞみたい。対戦相手はマナリノ(44位)、ユンベール(92位)のどちらかとなる。錦織にとっては、どちらがきてもツアー初対戦だ。

さらに対戦可能性があるアンダーソンとは、過去錦織の4勝2敗、フェデラーには2勝6敗だ。

パリ・マスターズ2018概要

場所:パリ

時差:-7時間

コート:室内ハードコート

カテゴリー:ATPマスターズ・1000

日程:10/29~11/4

ドロー:48

2017優勝者:J・ソック(アメリカ・当時22位)

出場予定選手

名前 WR 国籍
錦織圭 12 日本
R・ナダル 1 スペイン
R・フェデラー 2 スイス
N・ジョコビッチ 3 セルビア
デルポトロ 4 アルゼンチン
A・ズべレフ 5 ドイツ
M・チリッチ 6 クロアチア
D・ティエム 7 オーストリア
K・アンダーソン 8 南アフリカ
ディミトロフ 9 ブルガリア
J・イズナー 10 アメリカ
D・ゴファン 11 ベルギー
F・フォニーニ 13 イタリア
K・エドモンド 14 英国
S・ツチパス 15 ギリシャ
シュワルツマン 16 アルゼンチン
J・ソック 17 アメリカ


※WRは2018年10月8日発表の世界ランキング

2017年 錦織の成績:不出場

2017年 上位進出者

優勝:J・ソック

準優勝:クライノビッチ(セルビア・当時77位)

ベスト4:J・イズナー(アメリカ・当時14位)

ベスト4:J・ベネトー(フランス・83位)

※杉田は1回戦敗退

パリ・マスターズ2017 ドロー

2018 錦織圭の出場大会
☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ