錦織 次は7/30-シティOP2018
7/17-卓球 韓国OP2018
7/30~世界バドミントン
スポンサーリンク

7/2~ウィンブルドン2018 ドロー、組み合わせ表、試合結果、テレビ放送、出場選手 錦織圭、杉田、太郎、西岡が参戦予定!

ウィンブルドン2018

モンテカルロ2018で準優勝した錦織圭。その後はマドリードイタリア国際全仏OPとクレーシーズンをプレー。さらに、ゲリー・ウェバーで芝の大会をこなし、ウィンブルドンにのぞみます。このページではドロー、試合結果、テレビ放送などについて随時更新していきます。

※錦織は「11番」、西岡は「5番」、杉田は「10番」、太郎は「15番」の表

テレビ放送

WOWOW(Live中心)

※錦織の試合は、試合日時が決まり次第掲載します。

NHKは録画放送、地上波とEテレで主に23:55-、0:25-の時間帯で放送

7/3 1回戦 19:30-:錦織VSハリソン 

7/6 2回戦  午前0:00~1:00頃:錦織VSトミック 

7/8 3回戦 午前2:30~3:30頃:錦織VSキリオス

7/9 4回戦  21:35頃:錦織VSグルビス

7/11 準々決勝 21:00-:錦織VSジョコビッチ

7/15 決勝 22:00-:ジョコビッチVSアンダーソン

※WOWOW,NHK・Eテレで放送

試合結果

1回戦:7/2,7/3→速報(錦織)

西岡 1 4 4 0
チリッチ  6 6 6 3
錦織 6 4 7 6 3
ハリソン 2 6 6 2 1
杉田 6 6 2 2 1
クラーン 2 7 6 6 3
太郎 6 3 3 3 1
フォニーニ 3 6 6 6 3

2回戦:7/5

錦織 2 6 79 7 3
トミック 6 3 67 5 1

3回戦:7/7

錦織 6 77 6 3
キリオス 1 63 4 0

4回戦:7/9→速報

錦織 4 7 7 6 3
グルビス 6 6 6 1 1

準々決勝:7/11→速報

錦織 3 6 2 2 1
ジョコ 6 3 6 6 3

準決勝:7/13

イズナー 6 7 7 4 24 2
アンダーソン 7 6 6 6 26 3
ナダル 4 6 6 6 8 2
ジョコ 6 3 7 3 10 3

決勝:7/15

ジョコ 6 6 7 7
アンダーソン 2 6 6

スポンサーリンク




ウィンブルドン2018 ドロー

ベスト16

wimbledon2018-draw-wimbledon2018-draw-

全組み合わせ

トップハーフ

wimbledon2018-draw- wimbledon2018-draw-

wimbledon2018-draw-3wimbledon2018-draw-wimbledon2018-draw-wimbledon2018-draw-wimbledon2018-draw- wimbledon2018-draw-

ボトムハーフ

wimbledon2018-draw- wimbledon2018-draw-wimbledon2018-draw-wimbledon2018-draw-wimbledon2018-draw- wimbledon2018-draw-wimbledon2018-draw- wimbledon2018-draw-

赤い数字はシードランキング

※数字は世界ランキング

※Q)は予選通過選手

ドロー特徴

芝は弾道が低くなり、ボールが滑るためスピードが出る。そのため、ビックサーバーなどサーブが強い選手に有利なサーフェスだ。2017年度を見ても、ビックサーバーを中心にサーブが得意な選手が上位に勝ち残っている。

4人の日本選手が出場!錦織は24シード1回戦で200位のC・ハリソン(アメリカ)と対戦する。ハリソンは178㎝とツアーでは小柄な部類に入る選手で、左利きの24歳である。錦織とはツアー初対戦だ。

順当に行くと3回戦では15シードのキリオス(19位)、4回戦では第4シードのズべレフ(3位)と当たる組み合わせとなった。ちなみに、キリオスとは3勝0敗と相性が良く、ズべレフとは1勝1敗としている。

今大会は錦織以外に杉田、西岡、ダニエル太郎の4人の日本選手が出場する。西岡、太郎は初戦でシード強豪と対戦する。

ウィンブルドン2018概要

場所:英国(ロンドン)

時差:-8時間

コート:グラス(芝)

カテゴリー:ランドスラム

日程:7/2~7/15

ドロー:128

2017優勝者:優勝はフェデラー(5位)、準優勝はチリッチ(6位)。4強はベルディヒ(15位)、クエリー(28位)。ちなみにナダル(2位)はベスト16だった。

ウィンブルドン2017 ドロー

出場予定選手(上位選手)

名前 WR 国籍
錦織圭 26 日本
R・ナダル 1 スペイン
R・フェデラー 2 スイス
A・ズべレフ 3 ドイツ
デルポトロ 4 アルゼンチン
M・チリッチ 5 クロアチア
ディミトロフ  ブルガリア
D・ティエム 7 オーストリア
K・アンダーソン 8 南アフリカ
D・ゴファン 9 ベルギー
J・イズナー 10 アメリカ
シュワルツマン 11 アルゼンチン
カレノブスタ 12 スペイン
S・クエリー 13 アメリカ
J・ソック 14 アメリカ
F・フォニーニ 15 イタリア
RB・アグート 16 スペイン
L・プイユ 17 フランス
K・エドモンド 18 英国
T・ベルディヒ 19 チェコ
チャン・ヘヨン 20 韓国
杉田祐一 53 日本
ダニエル太郎 82 日本
西岡良仁 256 日本


※WRは2018年6月11日発表の世界ランキング

2017年 錦織の成績→2017ドロー

メモ錦織は3回戦で敗退。3回戦では過去4勝0敗と相性のよかったアグートに初めての敗戦を喫してしまった。錦織にとっては2017年後半は欠場となるが、体調面も含め調子があまり良くなかった印象だ。

1回戦:錦織VSチェッキナート(ITA 102):6-2/6-2/6-0

2回戦:錦織VSスタホフスキー(UKR 122): 6-4/6-7/6-1/7-6

3回戦:錦織VSアグート(ESP 19):4-6/6-7/6-3/3-6